Twitter

メール相談

  • 女性に対する暴力の根絶を目指す 「我慢するのがふつうのことなのかな…」知っていますかDVのこと。一人で悩まないで、まずは電話でご相談ください。ウィメンズネット函館 0138-33-2110 受付時間 毎週月~金10:00~17:00 女性に対する暴力の根絶を目指す 「我慢するのがふつうのことなのかな…」知っていますかDVのこと。一人で悩まないで、まずは電話でご相談ください。ウィメンズネット函館 0138-33-2110 受付時間 毎週月~金10:00~17:00
  • 性暴力被害者支援チーム函館・道南SART 「私が悪いのかな?」「これって性暴力?」迷った時でも一人で抱えず、まずは電話でご相談ください。 函館・道南SART 相談専門ダイヤル 0138-85-8825 受付時間 毎週月~金10:00~17:00 性暴力被害者支援チーム函館・道南SART 「私が悪いのかな?」「これって性暴力?」迷った時でも一人で抱えず、まずは電話でご相談ください。 函館・道南SART 相談専門ダイヤル 0138-85-8825 受付時間 毎週月~金10:00~17:00
  • 女性に対する暴力の根絶を目指す 「我慢するのがふつうのことなのかな…」知っていますかDVのこと。一人で悩まないで、まずは電話でご相談ください。ウィメンズネット函館 0138-33-2110 受付時間 毎週月~金10:00~17:00
  • 性暴力被害者支援チーム函館・道南SART 「私が悪いのかな?」「これって性暴力?」迷った時でも一人で抱えず、まずは電話でご相談ください。 函館・道南SART 相談専門ダイヤル 0138-85-8825 受付時間 毎週月~金10:00~17:00

ウィメンズネット函館とは

女性の人権センターとして女性の問題を女性の視点で共に考え、問題解決の道を探る場として発足しました。
DV、性暴力、セクシャル・ハラスメントなど、女性に対する暴力の根絶を目指し活動しています。

  • 困難を抱える女性の悩み相談
  • 女性の駆け込みシェルターの運営
  • ステップハウスの運営
  • シェルターを出た後の子どもケア「子どもサポートふわっと」の運営
  • 働く女性の問題「北海道ウィメンズユニオン」の活動
  • シェルター退所後の自立支援
  • 関係機関などへの同行支援
  • DVやセクシャル・ハラスメントなどの根絶のための啓発活動
  • 性暴力被害者支援チーム函館 道南SART(サート)の相談等の支援

あなたが苦しんでいることはDVなのではありませんか?一人で悩まないで、まずは電話でご相談ください。お電話でのご相談はこちらから 0138-33-2110 受付時間 毎週月~金10:00~17:00

性暴力被害者支援チーム函館・道南SART 相談専門ダイヤル 「私が悪いのかな?」「これって性暴力?」と迷った時でも一人で抱えず、まずは電話でご相談ください。 TEL0138-85-8825 受付時間  【月~金】10:00~17:00 ※土日祝祭日、12/29~1/3を除く

活動概要

1. 困難を抱える女性の悩み相談

話すことにより、自分で解決が見つかる場合もあるでしょう。
何より本人の意思と自由な選択を大切に、共に解決の道を探します。

相談内容

  • DV相談
  • DV以外の暴力相談
  • 働く職場での問題相談
  • 性暴力の相談
  • DV被害者の自立支援に関わる相談

2. 駆け込みシェルターの運営

夫や恋人の暴力から逃げ込んでくる女性や子ども達の生命・身体の安全を守ることが何よりも大切です。
疲れ果てた心身の傷を癒やし、自立できるまでの当面の生活の場を提供します。そして、被害を受けた女性と子ども達が新しい人生を始めるためのサポートをします。

知っていますか?DVのこと あなたは大丈夫?

DVとは、親密な関係において、一方が他方をコントロールし、従わせようとして用いる威圧的な行動パターンのことです。
DVの加害者は、暴力、威嚇、理不尽な行為、さげすみ、搾取などによって被害者の中に恐怖心を起こさせることで、
無理やり自分に従わせ、支配と抑圧の構造をつくり上げます。
また、暴力には身体的暴力、精神的暴力、社会的暴力、経済的暴力、性暴力が含まれます。

「20歳以上の既婚女性のうち、約3人に1人の女性がDVの被害を受けたことがある」という結果が、内閣府によるアンケート調査(平成29年度)で出ています。

女性用DVチェックリスト

あなたが体験したことのある項目に、○をつけてください。

出典:沼崎一郎著「男は何故暴力を選ぶのか」より転載。

男性用DVチェックリスト

あなたが体験したことのある項目に、○をつけてください。

出典:沼崎一郎著「男は何故暴力を選ぶのか」より転載。

このリストの製作者である沼崎教授によると、上記のチェックリストのうち「一つでも」チェックのついた人はDVとなっています。
(女性用でチェックがついた方は、DVの被害をうけており、男性用でチェックがついた方はDVの加害をしていることとなります)

男性用チェックリストの中に「彼女には自分だけを見ていて欲しいと思う」という項目があります。
「『思う』だけなら暴力ではないのでは・・・?」
と反論があるかもしれません。たしかに「思うだけ」では暴力にはならないでしょう。
でも「そのように思う」という強い信念は、しばしば「行動」となって現れます。
「彼女に自分だけを見ていて欲しい」と強く思うことが、彼女に対する力と支配の行使(暴力)となる可能性があります。

あなたが苦しんでいることはDVなのではありませんか?一人で悩まないで、まずは電話でご相談ください。お電話でのご相談はこちらから 0138-33-2110 受付時間 毎週月~金10:00~18:00

性暴力被害者支援チーム函館・道南SART性暴力被害者支援チーム函館・道南SART

函館・道南地域において性暴力被害にあった方の救援支援を行うチームが「函館・道南SART(サート)」です。
NPO 法人ウィメンズネット函館では、あなたの安全を守りながら、心とからだ、そしてこれからのことを一緒に考えていきます。
必要に応じて医療機関、カウンセラー、警察、弁護士などと連携・協力して支援をします。

Sexual性/Assault暴力/Response対応/Teamチーム

性暴力被害者支援チーム函館・道南SART 詳しくはこちら

性暴力とは

望まない性的行為は、すべて性暴力です。
レイプや強制わいせつ(未遂を含め)、パートナーからの意に沿わない性的行為、性虐待、痴漢、盗撮、露出、のぞきの他にも売春や援助交際、AV 出演強要など、これらはすべて性暴力です。性的な言葉や行動であなたをおびやかすような行為も性暴力です。